フォト
無料ブログはココログ

刺繍

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

スカジャンの本

先日インターネットで勉強をしておりますと偶然見つけてしまいましたこの本、23831_001 JAPANESE EMBROIDERED JACKETS ともう1冊を迷わず購入しました。

・・・スカジャン、好き嫌いがはっきり分かれる洋服ですが、自分には横振り刺繍の先輩方がどんな刺繍を入れてきたのか?そこに興味がありまして夢中で読みました(笑)。23831_002 同じ型紙を使っても、職人によって全然違う仕上がりを見せるこのジャケットは、

刺繍の良し悪しでランク付けがされたらしいです。良いものは正規ルートで、出来の悪いのは安い土産物店で、

それでも刺繍さえ入れば飛ぶように売れて行ったとか・・・少しでも数を上げるためにだんだん柄が小さくなっていったとか・・・うらやましいようなそうでないような・・・。23831_003 ただ、スカジャンは日本人が作り出した唯一の洋服らしいです。戦後の混沌とした時代に生まれたこの洋服は、生き抜くための知恵と技術がたくさん詰まっているすごいモノだということを改めて認識しました、うちの宝物にしようっと。

いい!この左右対称だけどそうでない両袖が・・・微妙なバランスの蛇も。

横振りミシンで、しかも納期切られるとこうなるんです(笑)。

今後、この曖昧さがきっと重要視される日がくると信じてがんばろう!

2011年8月29日 (月)

並べると素敵

先週から考えております刺繍ワッペン、

いろいろ作って並べてみるとなかなかいい感じです。23829_001 定番のドクロに23829_003 なぜかイカ・・・個人的にお気に入りです。23829_004 桜の花びらを作って並べるときれい、枝や葉を直接刺繍するとか方法はありそうです。23829_002 そしてミシンと糸・・・かわいいっ!

ワッペンだと後から何に付けようか考えることができますね。

時間を見つけてたくさん作りたいなー(希望)。

2011年8月28日 (日)

佐川町立青山文庫・梼原維新の道社中へ

本日のスタンプ2個ゲット、まるごと達成まであと 5会場、となりました

志国高知龍馬ふるさと博公式周遊スタンプラリー。

今日は佐川町立青山文庫と梼原維新の道社中へ足を伸ばしました。ええ、代車で(泣)。23828_003 ここには幕末の志士たちの貴重な品々が展示されています。

当時のお屋敷の庭園も残っており、ゆったりした時間を過ごせました(笑)。23828_018 ここ佐川町には、司牡丹という銘柄の酒蔵があり、これまた町並みが素敵です。

写真では全然伝わってませんね・・・すみません。23828_024 続きまして、梼原の維新の道社中へ23828_035 ここは町全体で観光客をおもてなししている感じで、

もう少し早く着けば観光ガイドさんがぐるっと町を案内してくれる予定でしたが残念、間に合いませんでした。とりあえず自分達の足で回れるところを教えていただきまして、23828_046 龍馬も立ち寄ったといわれる茶堂や、23828_020 脱藩前夜に宿泊したという掛橋邸を見学中。

昔のままの状態で、当時の生活が感じられました。

ダブル龍馬でままごと中・・・。23828_056 そして、「維新の門」。

ここの群像はすごいパワーでした!一人一人が何ともいえないオーラを出していて

作り手の気迫が伝わりました!23828_060 ので、同じ気持ちになるためにポーズを・・・23828_067 いろいろと取りまして・・・23828_069 炎天下で大騒ぎして楽しみました。23828_071 いよいよ8月も終わりに近づきましたが、残暑に負けずに乗り切ろう!

充実の日曜日でした。

2011年8月26日 (金)

そうかワッペンか

来月になると、またイベントの予定があります。ので、何か作らなければ!23826_003そして出来たのがこのワッペンです。

アイロンで接着できるので、いろんなところに付けれそうです(笑)。

同じ柄でも一個一個表情が違う、これが!

ザ・横ぶり刺繍!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザをつけると、とっても安っぽくなるのはなんでかなー?

そして鳳凰

23825_003  いったいどれだけの鳳凰を刺繍してきたでしょうか 23825_002 あの手この手で縫ったので表現力はずいぶん身に付いたようです、23825_005 時間が経つとまた忘れてしまいそうですが・・・・23825_007 そう、刺繍はとても奥が深いのです。23825_011 今回は勉強になったことがたくさんあるんですが、

同じお題で考えるのは思ったより大変なことのようです、ポーズや色使い、だんだん頭が固まっていってしまいます。

しばらく鳳凰はお休みしたいなー・・・・・またドサッときたらど~しよ~・・・ひえ~

2011年8月24日 (水)

この本おしゃれ。

23824 「おしゃれ」という言葉に激しく反応する森田ネームです(笑)。

この本には日本の昔の着物の着こなし方みたいなことが書いてあります。

1年前に「夏のおしゃれ」を買ったときはそんなに思わなかったんですが、

ふと見返していると、大変色使いの勉強になります、

今日なぜか「春のおしゃれ」を購入してしまったのでした・・・・・・・先取り。

2011年8月23日 (火)

龍みたいな雲

今日の夕方の空はなんとも幻想的な空で、

(あー、昔の人たちはきっとこの雲を見て龍を描いたのだな)と直感的に思いました。23824_004 次々と姿を変える雲にしばらく釘付けになりながら、23824_010自然が作り出すものはやっぱりすごいパワーだなぁー・・・と感じました。

2011年8月22日 (月)

集中力

23822_020 このハヤブサは、割と集中して刺繍しています。23822_021 このアヒル・・・・(笑)これはこれでかわいいけど全く集中力が感じられません。23822_024 ついでに鳳凰も並べてみましたが、同じ人間がやったとは思えない作風の違いです。

職人の感性で色んな表現になるのが横振り刺繍のおもしろいところなんですけど、

自分の中にはいろんな刺繍をやりたい何者かが住んでいるようです(笑)。

毎日集中力MAXでいければ良いのですが、大きい仕事や作品はそこが難しいところ、

今の自分に必要なのは、集中力が切れたら止めることです。

縫い始めて楽しくなってくると、そこの見極めができなくなるんです・・・ちなみにアヒルの集中力は、首のところで終了してます(泣)。

2011年8月19日 (金)

目について考える

まだ鳳凰をコツコツ進めております森田ネームですが、今日はこの鳳凰の目の表現について思う事を書きます。23819_002

もうかれこれ10数枚の鳳凰をいろんな絵やカタログを眺めながら自分の頭の中で描き変えて刺繍にしてきましたが、どうやら間違いないようなので・・・

まずこの上の写真の目、ちょっと気分がノリノリになってきた時に入れた目ですが、

違う・・・お寺さんの仕事にこの目はダメなのです。

仕事の依頼がツッパリ(死語)風の方ならいいんですけど、この目には感情が入り過ぎてます。23819_003 で、少し黒糸で感情を消してあげます。これが完璧にできたら仏画に挑戦できる気がしてきました(笑)。23819_001 分かりにくいので絵で説明を(毎度手描きですいません・・・泣)。

鳳凰の目は仏様の表現に良く似ておりまして、三日月のような形です、

この形に目玉を入れるとき、上にしすぎるとちょっといやらしい顔に・・・上図。

下にするとワルっぽくなります・・・下図。

だからできるだけ真ん中にしてあげると、穏やかな表情が出せるのです・・・真ん中図。

龍や虎になると目に感情を出して迫力を付けたくなりますが、実は無を表現するのが究極なんじゃないか?・・・とか、今日は頭がぐるぐる回る一日でした。

まだまだ勉強は続きます・・・

2011年8月17日 (水)

遊び心

23817_003 ベビーグッズにワンポイント刺繍をすると、かわいさがアップするのは当然のことですが

動きをつけるとさらにアップします。23817_001 赤ちゃんがこれをつけてダクダクになっているところを想像するだけで、顔がニヤけてしまいます(笑)。

まっこと、遊び心を持って仕事をすることが大切ですねー。

2011年8月16日 (火)

仕事始め

今日から仕事始めですが、まずは23816_003 鳳凰・・・まだ終わってなかったのかと怒られそうですが、これがラストです。23816_001 そして2枚だけ残った蓮の花を刺繍して・・・・横振り刺繍を始めてから、この葉っぱの表現はありえないと思ってました。ネーム屋さんはすごく目が詰まった刺繍をするように教えられているので、中が抜けた縫い方は手抜きだと勝手に思い込んでいたのです、はずかしっ(汗)。23816_002 しかし最近ではいろんな表現の仕方を考えるようになりました。写真ではなく、絵でもなく、横振り刺繍という表現は、まだまだ可能性を残しているような気がします、うんうん。

これで終わった!と思いかけたその時。

この仕事のお客様が来られまして、「いいわねー」「いいわねー」と褒めてくださり、鳳凰を追加で5枚置いて行ってくださいました・・・・

あ、ありがとうございます(泣)。

鳳凰のレベルがどんどん上がって行く森田ネームなのでした。

2011年8月15日 (月)

川へ

過ぎてみればあっという間の連休でしたが、今回はダラダラすることなく遊んだ事を褒めたいと思います。

最終日の今日は、母の実家がある いの町の仁淀川へ。23815_013 綺麗な水で川遊びを堪能しました。23815_017 ゴロ石の上をヨロけながら歩き回っていました(笑)。

疲れを知らない子供たちの底知れぬ体力に、また感心してしまいました。

明日からまた普段の日常に戻りますが、

今年は、休みの日に心をしっかり休めることが大事だと思いました。

さあ、がんばろう!

2011年8月14日 (日)

西へ

連休4日目の今日は、思い切って高知県西部のスタンプラリーを制覇しました。

あれさえなければ上出来だったのにー・・・。23814_007朝8時に出発して訪れたのは、 海洋堂ホビー館 。なんともすごい山奥にありまして、途中で引き返したくなるほどでした。23814_018 でも、ものすごい数のフィギュアやプラモデルが並んでおり、なつかしい気分になりました。

次に四万十トンボ公園を目指すのですが、ここで事件は起きます。

ホビー館は大正というところにあり、そこからトンボ公園のある四万十市 に行くのにとても狭い山道を走る事になりました。わずか数分で対向車が!あわててバック・・・ガリガリ!23814_040 チーン。・・・・・・・・・テンションが一気に下がりましたが、スタンプを押してもらうという志を果たすためにトンボ公園に向かいます(泣)。トンボなんか見たって・・・・・・23814_051 !!!こ、これは水族館!しかもレベルが高い方の!ゆうきちゃんの倍はあろうかというピラルク(世界最大の淡水魚)です。

まさかトンボ公園にお魚がいるとは知らなかったので、またテンションが一気に上りました(笑)。・・・・・・・・あ、トンボ見るの忘れた。

で、最後はジョン万次郎資料館へ向かい車を走らせます、ええ、へコんだ車を(泣)。23814_085この資料館は撮影OKなので、楽しく回ることができました、高知にはすごい人がたくさんいたことに、改めて感心しつつ、23814_098 亜米利加のオシャレさに感動しました。23814_110 やってしまったものは仕方ないけど、まだまだ遠乗りは慣れてないみたいです。

23814_019 いつしかスタンプラリーの目標が、旅行券2万円分をゲットして遠乗りする。に変わりつつある森田家です・・・本日のスタンプ3個ゲット、まるごと達成まであと 7会場。

2011年8月13日 (土)

海へ

今日からお盆、小さい頃から ついで参り はいけませんと言われてきましたが、

墓参りのついでに泳ぐということに致しまして、今日は海へ!23813_001 二人は泳ぐ気満々です・・・お墓に水泳帽はいかんでしょう。23813_007 1年ぶりの海水浴、去年は全く水に入らなかったのに大きく成長してます。23813_023 ゆうきちゃんも水辺で遊ぶようになり、夏を楽しめるようになってきました(笑)。23813_013 明日は西の方に行って来ようと思います。

2011年8月12日 (金)

東へ

2387_038 お盆休み2日目の今日は、先週からスタートしている

龍馬ふるさと博公式周遊スタンプラリー で、高知県東部を目指して・・・。23812_004 まずは 昨年龍馬なりきりコンテストでお世話になった安芸市役所から車で5分ほどのところにある

安芸市立歴史民族資料館へ

岩崎弥太郎の服や下駄が展示されており、撮影は禁止でしたがなかなかレトロな感じでした。23812_029 そして次に 北川村の モネの庭 に。

大自然に囲まれてたくさんの花を見ることができます。どれほど大自然かといいますと・・・23812_031 もう、どこまでも山!です。23812_057 青いスイレンもきれいに咲いてました。

そして、23812_063 中岡慎太郎館へ 。

しかしここも館内は撮影禁止(泣)・・・いい感じの場所がたくさんあるんですけど残念。23812_070 でもここも自然に囲まれた大変素敵なところです(笑)。

龍馬の側から見た話と、慎太郎の側から見た話、少しずつ違いがあるようですが、近江屋の場面をビデオで見ていたちび龍馬は、なんで龍馬が暗殺されたのかが納得いかない様子で「どうして刀を持ってなかったがやろうねぇ!」と興奮気味に話しておりました。

本日のスタンプ3個ゲット、まるごと達成まであと 10会場。23812_078 で、帰りに野市(のいち)の黒潮温泉 龍馬の湯 に入って帰ってきました。

実は家族でこの長距離を行動したのは初めてで、スタンプラリー様様やと思うちょります。

計画的に行動すると疲労感が少ない事を知った38歳の夏なのでした。

2011年8月11日 (木)

よさこい祭り

23811_036 街はお祭りのピークを迎えております。

踊り子たちのいきいきした姿に、こちらも元気をもらえます(笑)。

お祭りがなぜ行われるかが今更ながら分かり始めました・・・。

いにしえから伝わる大切な行事、人はそれに参加して、見て、成長していくんだなぁー。

明日から子供たちも休園なので、夏休みをしっかり楽しみたいと思います。

2011年8月10日 (水)

お盆休みのお知らせ

今日も凄い暑さでした(汗)。

しかし街は よさこい祭り で大賑わい。観光客の方もたくさん来られていて

久々に盛り上がった商店街を見ました・・・毎日こうだったらなぁ・・・(汗)。23810_001_2

今年は子供の行事も増えてきましたので、ちょっと長めのお休みをさせていただきます。23810_005

しっかり休んで16日からまたがんばります!

花火大会

2389_022 またまた朝の更新です。

昨日は高知市の花火大会、2389_063 いよいよ一番熱い3日間の始まりです!2389_111今年はげんくんも保育園でよさこい踊りをやるので楽しみが多いです。

がんばれげんき!

2011年8月 8日 (月)

おおきいぞう

今日は岡山在住の妹、ゆかさんが夏休みに帰ってきまして、

「ライブ刺繍を見せろー」 

「ライブ刺繍を見せろー」というので、

お題「おおきいぞう。」でやってみました。2388_001 下書きもそこそこに取り掛かりましたが、2388_002 できあがってみるといい感じ(笑)。

月の上に乗っているとこが、なんとも大きいところなのですが、どうでしょう?

2011年8月 7日 (日)

ちび龍馬とスタンプラリーに挑戦

2387_038 休日の過ごし方を、計画的に楽しみたいといつも思う森田家で、おもしろい計画が浮上しました。

「龍馬ふるさと博 公式周遊スタンプラリー」に参加して、

もう一度歴史を学び、

ちび龍馬で観光客のみなさまに「高知に来た感。」を味わっていただき

運が良ければ何かもらえるかもしれない・・・という一石三鳥な企画です(笑)。2387_024まずは高知駅の 幕末志士社中・・・先週も行って来たのですが、まだこの計画はなかったので、もう一度入館して、スタンプを押してもらいました。

ここにはまだ何回も来たいです、田舎のおうちみたいでとても落ち着きます。2387_030 そして、高知駅から路面電車で約10分 のところにある 自由民権記念館。

後ろに見えるのが はりまやばし 、瞬きしてると見逃します。

2387_021 こんなに近くにあるのに、入ったのは初めてで、高知県民ならもうちょっと勉強せんといかんな・・・とつくづく思いました。

手始めに2個のスタンプをゲット! まるごと達成まであと 13会場。

ぼちぼちまわろうと思うちょります。

くまスタイ

また子供と爆睡してしまいまして、真夜中の更新になります。

明日は休みだ!あ、もう今日か?

久々にスタイに刺繍しました。2387_001 横振りミシンで柄を入れるときは、常にバランスの取り合いが繰り広げられています。

ほとんど無意識ですけど(笑)。

生地により、形により、置いている指の位置により、変化の連続です。

すべてが思い通りに行く事はまずないのですが、大事なのは仕上がりです。2387_002 表情にあたたかさを持たせて、イメージより良いくまになりました。

かわいいー。

2011年8月 6日 (土)

扇子にネームを

先日のイベントにおいて、ぶっつけ本番で行いました扇子にネーム入れ。

やっぱり素敵に仕上がるようです。2386_001 紙の扇子はさすがに無理でしたが、布の扇子のできるだけ先の方・・・ここに隙間があります2386_003 生地がかなり薄いのでサラッと糸を掛けるようにして・・・あと骨組みに要注意です(汗)。2386_006 iの点が竹の部分を貫いてしまいましたが(滝汗)、夏のさりげないおしゃれにどうでしょう?・・・・・もう、夏半分終わってしまいましたけど(泣)。

2011年8月 5日 (金)

続続・・・鳳凰

夜9時に子供たちを寝かしつけに上がってそのまま朝の7時まで・・・睡眠時間たっぷりです。

2385_003 糸切りができてませんが、こういう形も今の時代なかなか見れないと思いまして、2385_001 鳳凰も続けてやっていると、ポーズや色に限界が出てきまして、ちょっと背景を・・・山です。2385_002 そして雲。雰囲気がかなり変わります・・・お題は鳳凰でそれ以外は自由。という話で引き受けたので、いろいろな表現をしてみますよ。蛇足にならないように・・・(笑)。

今日も頑張ります!

2011年8月 3日 (水)

夏の幕の仕事

2383_005 今日の時間はほとんどこの仕事に使いました。

学校の体育館の正面にある一文字幕の校章です、全長18メートル、布でも重いです。

刺繍範囲の広い刺繍機なら45cm角はできるかもしれませんが、うちにはありません。

そして久々の登場、STAGER。1133_002 最大振り幅16ミリの横振りミシンです。これも数少ない横振りミシンなのです。

2383_015 普通の生地なら、どうってことないアップリケも18メートルの生地に縫い付けるのはなかなか大変で・・・・・・・しかも夏にこの生地は・・・あったかすぎます(汗)。

幕を縫うたび思い出すのは、2針貫通の記憶。おかげで無意識に指が針から逃げてます(笑)。

2011年8月 1日 (月)

続続、鳳凰の巻

2372_013 なかなか進まない鳳凰の刺繍ですが、だんだん大きくなっていっているような気が・・・2381_005 下書きがほとんどないので、縫いながらのバランスの調整をしていますが、2381_004 やはり後ろの羽根には時間が掛かります。

手をかければかけるほど、見事に仕上がりますが、どこまでかけるかが難しいところです。1羽だけなら気合十分なのに・・・10数枚あると・・・同じものではつまらんし・・・まだまだ修行が足りません。

昔の職人さんは凄いなぁ・・・同じものを何枚もやっていたなんて 。

時代の流れとはいえ、同じ人間です。同じ事か、それ以上のことは必ずできるはずなのです。

人の指先はすごいんですよ、いやほんとに。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »