フォト
無料ブログはココログ

刺繍

« 奥義、膝乗せ。 | トップページ | STAGER登場の巻 »

2011年3月 1日 (火)

SINGER登場の巻

普段はJUKIの横振りミシンでネームを入れますが(まだまだ修理OK)、

JUKIではちょっと危ない厚さのものが入ってきます。1131singer_002 そこで!1131singer_003 SINGERの出番です。1131singer_001 一箇所を除けば何の問題もないんですが、なぜか真ん中なのです、6枚くらい生地が重なってます(泣)。1131singer_004でもSINGERなら大丈夫、きれいに入ります。

しかし、SINGERは壊れると後が無いのです・・・ビビリながら踏んでます。

あー、もう2.3台ほしいなー。

あー、思いっきりふんでみたい!

以上でございます。

« 奥義、膝乗せ。 | トップページ | STAGER登場の巻 »

コメント

何度見ても、こういうことが横振りで出来るっていうのがすばらしい。

刺繍機で刺繍するのもそれなりに四苦八苦しているので、本当にすばらしいと思います。

刺繍ってカードの前はどうしていたのですか?と猫島さんに聞いたことがあって、横振りミシンのことをそのときに聞きました。
職人さんはフォントが頭の中に入っている!ということを。

パワー凄いんですね!
剥ぎ部分はドキドキです・・・折れるんじゃないかって・・・。
そう言えば、先日のGジャンも・・・デニムは折れたら速攻「ダメージ加工」になっちゃうし・・・。(苦笑)
それにしても黒のミシンは格好イイ!
絵になりますね!

TAMAさん
おはようございます。
そうなんです、自己流フォントが頭の中に入っています(笑)。
刺繍データを縫う時は、センターが簡単に取れますが、横振りは感覚です。職人さんが筆記体を得意とするのは、最後のヒゲ部分でバランスがとれるからだと思ってます。ブロック体はガタガタになります・・・(泣)。

nekoさん
おはようございます。
聞いた話ですが、SINGERは釜に特徴があるらしく、不思議と厚ものが縫えます。柔道の帯までいけますが・・・・壊れそうなので最近はバルダンのクランプ枠使ってます、便利ですよー(笑)。

もし、SINGERの横振りミシンを見つけたときはぜひ教えてくださいね。
自分には宝物のようなミシンなのです。

SINGERの横振りミシン・・・・最近調子悪いです。予備はあるけど部品取りに使ってるものだから、まともに動くのは一台だけです。
この時期は堪えます。ほんと貴重品ですよね。
ところでギネス記録の時速80枚は更新できたのかな?(笑)

この時期はミシン達もフル稼働でがんばってくれてますよね。
うちのミシン達も唸りながら頑張ってくれています。
ちゃんとメンテナンスしてあげねば…

tigerさん
おつかれさまです!実は学納が途切れてしまい、本日はいろんな物に刺繍してました(泣)。
まだ大阪にはSINGERが存在するようです。見つけたら自分にも分けてください、お願いします。黒がいいですー(笑)。

yamatoさん
こんばんは。
今日も一日頑張りました、指が攣りそうです。
明日は少しゆとりが出来そうですが、日曜日のイベントの用意が全く出来てない(泣)。
ぶっつけ本番でいきます(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149946/39066446

この記事へのトラックバック一覧です: SINGER登場の巻:

« 奥義、膝乗せ。 | トップページ | STAGER登場の巻 »